毎日の使用と掃除が不可欠な部分の取り扱い方について

キッチン

このエントリーをはてなブックマークに追加

コーティングの種類

水回りコーティングの重要性を知っておこう

住宅には様々なカビや菌がいることはご存知かと思います。カビは通常乾燥しているところが苦手ですので、湿気が多いところに生えやすいのです。つまり水回りがあり、空気が循環しにくい浴室に集中して生えるのが特徴です。浴室の場合は、できるだけ換気をすることで菌が付くことやカビが生えることを防ぐことができます。しかしながら、アレルギーの原因にもなっているため、かなり綿密に掃除をしても完全に除去するのは難しいのです。そこで、より菌やカビを寄せ付けないために水回りコーティングをする必要があります。水回りコーティングは、掃除をしやすくするだけではなく、防カビ性もありますので、カビが繁殖しにくくなるという特徴があります。

その種類を知っておこう

水回りコーティングには様々な種類があります。ただ、水回りコーティングの種類に詳しい人はなかなかいません。例えば、見積もりを出す時にどのコーティングがいいかを決めますが、いまいち違いがわからないまま決めなくてはならないため、後になって「やっぱり別のにしておけばよかったかしら」と後悔する可能性も高くなります。そこで基本的なコーティング剤について知っておきましょう。水回りコーティングの一つにフッ素コーティングがあります。これは、耐久年数は1年ほどと短く、撥水性や防汚性は普通ですが、価格が安点に特徴があります。初心者が入門用に選ぶにはちょうどいいコーティングかもしれません。シリコンコーティングは、フッ素よりも高いですが、撥水性や防汚性に優れており、2年は長持ちします。

↑ PAGE TOP